ココロブログ

自分自身の思考や感情とうまくつき合って行くヒントをコラムでご紹介します。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 白と黒 | main | 上書き保存・その2 >>

上書き保存・その1

2年前に、人の紹介でお会いした方がいました。
30代の男性で、以前は外資系の化粧品会社に勤めていました。
自分の企画を実行したら企業年収が大幅増になったのに、金一封もなく手取りが相変わらずの20万足らずだった事にショックを受けたのだそうです。
会社に自分の力を使われるのではなく、自分の力を自分で使ってもっと収入を増やしたい、と一念発起したのが3年前。
私が初めてお会いした時は、その方がインターネット起業をし始めて少し経った頃で「平均月収50万円位」とお聞きしました。
それでも結構驚いていたのですが、現在その方は年収が億に到達しているとかいないとか。
著書も出版され、ニュース番組でも取り上げられ、ネット起業界では超有名人です。
その方が以前いつも持っているノートを見せて下さいました。
ノートには、マンションの切り抜きや外車の切り抜きなどが貼ってありました。
「こっちのページに欲しいものや『こうなりたい』と思うものを貼って、隣のページにはその『目標』を達成させる具体的な期限などを書いておくんです。
時間が空いたらまめにノートを見て、どうすれば『その目標を自分が決めた期限までに達成できるか』を考えます。」この方法で、多くの物事を実現されているそうです。
ちなみに、2年前にお会いした時に伺った「目標」は、あっという間に達成、どころかただの通過点だったようです。

このノートの方法、実は「成功している」人の多くが似たような事をしています。
「毎朝、自分の目標を声に出して言うのが日課」「毎日日課として自分の目標を10回毛筆で書く」を実践されていた大企業の社長さんもいました。
受験生が「必勝!○○大学合格!」と書いた紙を机の前に貼るのも、野球部が「目指せ甲子園!」と書いた紙をベンチや部室に貼るのも同じ方法と言えます。

「成功している」人の多くは、自分がどうなりたいのか、どうしたいのかをとても具体的にイメージしています。
そして、そのイメージ像を「目標」とし、さらに「目標を達成する時期」も設定してそれを目指します。
毎日その事を意識できる環境を整え、実現したらどうなるかを思い巡らしています。
ただ漠然と「成功したらいいなぁ」と思いながら日々を過ごすより、実現する可能性が高いのは何となく理解できますよね。
先ほどから「成功している」と書いていますが、言葉を変えて「幸せになった」でも同じ事です。

成功したい人、目標を達成したい人、そして幸せになりたい人。
次回のコロコラムは必見です。


【追記】
時間が経った記事ですが、当時のまま掲載しました。
ご紹介した方がどんな方かはTSUTAYAでDVDをレンタルすると判るかも知れません。
自己啓発関連 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokoro-blog.jugem.jp/trackback/174
この記事に対するトラックバック