ココロブログ

自分自身の思考や感情とうまくつき合って行くヒントをコラムでご紹介します。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 偏見 | main | 砂糖社員 >>

初めて

 こんなメールを頂きました。

自分は男です。今まで恋愛もいくつかしてきました。
その時に毎回思う事があります。
相手の『初めて』が欲しいと思うんです。相手の何に対しても思います。
例えば、遊園地に行く事になった時に相手の子が『初めて男の人と遊園地に行くんだ』と言われると凄く嬉しかったりします。
1番強く思うのがエッチの時なんですが、今まで1度も『初めてのエッチ』の相手に出会ってません。
それが凄くイヤなんです。
結果、相手の過去までも欲しくなってしまいます。
なぜこんなにも相手の『初めて』が欲しいのでしょうか?

今回はこのメールをお題として考察したいと思います。
 相手の何かを欲しいと思うのは、独占欲から来るものだと言う事は容易に想像出来ますね。
さらに「初めて」にこだわる理由は大きく2つ考えられます。

相手がはじめて体験する事を自分と一緒に体験するとなると、自分が簡単にイニシアティブ(主導権)を取る事が出来ます。
特に、自分が既に経験している事であればなおさらでしょう。
自分が主導する訳ですから、2人の関係においても自然と自分が「上」の立場になります。
そして、まだ何の情報も持っていない相手に対して、自分の価値観や考え方を容易に刷り込めます。
その結果、自分と同じような価値観や考え方を持つ従順な相手との関係を築く事が出来ます。
つまり、独占欲だけではなく支配欲や征服欲もある事が判りますね。

このような支配欲や征服欲は男女共持っていますが、女性よりも男性の方が潜在的に強く持っている傾向があります。
女性は他人との共感や一体感を求める「あなたと私と」タイプですが、男性は自分と他人を分けて考える「あなた、私、」タイプです。
愛する人への感覚として女性は「ひとつになりたい」ですが、男性は「囲いたい(囲われたい)」となる訳です。
独占欲や支配欲、征服欲が男性の方が強いのは、このような男女のタイプの違いが考えられます。

「初めて」にこだわるもうひとつの理由として「他者との比較」が考えられます。
例えば、付き合ったばかりの女性とデートで遊園地に行き、彼女がつまらなさそうにしていたとしましょう。
彼女が他の男性と遊園地デートを経験している事を彼が知っているか、経験済みだろうと思っていると、つまらなさそうな原因を「遊園地デートは他者より自分の方が劣った(負けた)」と捉える傾向があります。(そして勝った他者に対して嫉妬心を覚え不愉快になる傾向もあります。)
一方、彼女が「はじめてデートで遊園地に来た」のであれば、つまらなさそうにしている理由は自分の勝ち負けや優劣の及ばない所を見出します。
この比較は本来相手(女性)がするものですが、彼女の様子を見て男性側が勝手にそのような解釈をする部分があります。
何故ならば、男性は基本的に競争心を持っており、どんな事も勝ち負けや優劣で捉える傾向があるからです。

一番顕著なのは性的な面でしょう。
恋愛の延長線上にあるSEXに関しては「男性がイニシアティブをとる」が通念となっています。
そのため、精神的な支配欲や征服欲以上に観念的に女性を主導しなければならないと言う面が見受けられます。
それは、女性を喜ばせないといけないとか、きちんとSEXしなくてはいけないと言う潜在的な気持ちとなります。
特に、SEXに関して何かコンプレックスを持っている男性にとっては、真剣に交際する相手とのSEXを自分がきちんと主導できるかどうかは精神的に大きなプレッシャーです。
その点、他者と比べる事がない未経験の女性であればプレッシャーなしで自分の色に染める事が出来ます。
男性の精神面から見ると、百戦錬磨のテクニシャンな女性よりも未経験の女性の方が支配欲や征服欲が満たされる訳です。

頂いたメールの内容を拝見して男性ならではの心の動きかなと思いました。
個人的な見解を交え一般的な「傾向」として考察してみましたので、全てがそうだとは断言出来ませんが、男女共に恋愛のささやかなヒントにはなるかも知れないと思っています。(^^)
恋愛 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokoro-blog.jugem.jp/trackback/240
この記事に対するトラックバック