ココロブログ

自分自身の思考や感情とうまくつき合って行くヒントをコラムでご紹介します。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 潜在能力開発・その2 | main | 「ありがとう」還元キャンペーン >>

喫茶店にて

先日、喫茶店でのんびりコーヒーを飲んでいた時の事でした。
すぐ隣のテーブルに座っていた女の子2人組にもうひとり女の子がやって来ました。
聞くつもりは無くても話が聞こえてきました。

ついさっきまでこの席に彼と2人で座っていて、店を出た時彼の財布がない事に気付き戻って来たとの事。
最初は2人の女の子に事情を話し、「財布見なかった?」と聞いてました。
2人は席に座る迄の状況を説明し財布は見なかったと答えていました。
とりあえず彼女は店の入り口で待つ彼の所に行き、またすぐに戻って来ました。
「ホントに財布見なかったの?」と先程よりちょっと口調がキツイ感じ。
2人組は同じ事を説明し、彼女はまた彼の所に行き話をしていました。
またまた彼女が現れ「彼が納得出来ないって言ってる。カバンの中見せてよ。もし財布があっても見つけた事にしておいてあげるから」と言い放ちました。
2人組みはカバンの中を見せる事に抵抗を感じていた所、今度は彼が現れ「カバンの中見せて。納得出来ないから。」と突き放すように言いました。
剣幕に押され渋々2人組みは自分のカバンの中を見せていました。
納得したのか一旦は去った彼と彼女。
しかし、また彼女がやって来た。かなり声を荒げている。「ホントにあんたら隠してないの?許してやるから隠してたら出しなよ!」後から彼もやって来て「お前らの顔は覚えとるからなぁ」等と脅し文句迄飛び出す始末。
2人組は言葉も出ない状態で固まってました。
私はこの時店を出ましたが、コーヒー飲んでいる間にテーブルと店の入り口を彼女6往復、彼3往復目撃。
悪いけど観察させて頂きました。(^^ゞ

財布を忘れたのは自分の否。それを認めず人を疑う事しか出来ず、自分ではなく彼女に解決させようとした挙句に人のカバンの中を見せるように指示迄して最後は脅し。
その彼は16〜7歳位に見えたけど、この年で人を信用出来ないなんてなぁ・・・。
彼にささやかな幸せや人同士のちょっとした思いやりの幸せは感じられているのかなぁと、少し切なくなりました。
ちょっと愚痴っぽくなったかな(^^ゞ
って事で次回は尽くす女の正体に迫ってみたいと思います。
日記風コラム | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokoro-blog.jugem.jp/trackback/27
この記事に対するトラックバック