ココロブログ

自分自身の思考や感情とうまくつき合って行くヒントをコラムでご紹介します。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 静かな赤ちゃん | main | 傷ついた子供の私・その1 >>

人を外見で判断するな

私達は先人から「人を外見で判断するな」と教えられて来ました。
人は見かけによらない」(人の性質や能力は外見からだけでは判断できないものだということ)と言う言葉もありますね。
では、こんな場面はどうでしょうか?

中小企業の事務のアルバイトで3人採用されました。私服でOKと言われました。
初出勤の日AさんとBさんはスーツを着てきました。CさんはTシャツにGパンを着てきました。
職場で働く人々、同期のAさんとBさん、そして採用した上司はCさんを見てどう思うでしょうか。
私ならCさんに「空気読めよ」と突っ込みを入れたくなります。(^^ゞ
もし、Cさんが同期入社の中で一番仕事が出来る素質を持っている人だったとしても、周りはこう思うでしょう。
常識をわきまえない、仕事に取り組む姿勢が悪い→仕事が出来ない
第一印象は後々まで人々の印象に残ってしまう為、Cさんは1日目の服装の為に、自分への正当な評価を得る迄にかなりの努力と時間を要する可能性大でしょう。

心理学の実験(アメリカ)でこんなものがあります。
公衆電話のコイン返却口にわざと小銭(10セント)を残したまま次の人と替わり、その人が公衆電話を利用し終わった時を見計らって「10セント硬貨が残っていませんでしたか?」と尋ねます。
1つは尋ねる人がスーツを着てきちんとした身なり、もう1つはみすぼらしい服装、それ以外は同じ条件で2パターン実験しました。

すると、きちんとした身なりの方が、みすぼらしい服装に比べ10セント硬貨を返してもらった確率は数段高いと言う結果が出たそうです。

「人を外見で判断するな」と言われても、他人が抱く自分への評価の中で「外見」が占める割合は大きいのです。
特に第一印象では、その人が何者か解らない為、自分の中で情報を集め「多分こんな感じの人」と分析する為に「外見」が大きなファクターになっています。

このカラクリを理解すれば、逆手に取ってなりたい自分、印象付けたい自分を演出する事が出来ますね。
ここ一番のお出かけやデートの時の服装を考えるように、普段からシチュエーションに合わせて服のデザイン、素材、色などをもっと考えれば、対人関係も円滑になる可能性は十分あります。
このへんは別の意味でヤ○ザやヤ○キーの方々がこの方法を熟知しているのかも知れませんが。(^^ゞ
自己啓発関連 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

自分は世間でギャルオと呼ばれています。
だけど、偏差値72の大学を卒業し、25歳でIT関係の会社を設立し、10年経営しています。自分は第1印象という言葉がすごく嫌いで、中身重視です。自分はよく嘘つきと思われたり悪いやつと思われるどころか、何の発言もしていないのにいるだけで馬鹿にされたりします。それでも、一切反発をせず紳士に対応し、実力を発揮することで、相手が自分のことを尊敬するまでに持って行きます。
第1印象は重要といいますが、自分の理論は逆で第1印象で判断していると損すると思います。自分が経営者をしていて思ったのが、成功している経営者の方々は、自分の外見を見てもへんな態度をとることはなく、どんな人であろうと年齢、性別はもちろん外見も関係なく尊重して話してくれます。逆に、真っ先に外見のことを気にする人は、あまり成功していない方が多いです。人間の心理として判断してしまうということはわかりますが、それを理由に見た目を判断するというのは、大人になりきれていない人達だと思います。
ギャルオ社長 | 2010/05/08 8:04 PM
ギャルオ社長さんコメントありがとうございます。
30代でギャルオと呼ばれるなんて、きっと凄く若々しいのでしょうね。(^^)

第一印象についてです。
初めて出会った相手は自分にとって敵か味方か判りません。
太古の人たちは、相手が「敵」であれば、生命の危機にさらされる可能性がありました。
自分の身を守るためには、いち早くその相手が危険かどうかを察知する必要があったのです。
出会った瞬間に危機を察知するには、相手の外見や表情などの情報を総合的に鑑みるのが一番効率が良かったのでしょう。

現代はこのような生命の危機は激減しましたが、その名残でしょうか「相手が何者か解らない」状態は心理的に不安を抱きます。
不安な状態をなくすために、外見等の情報から「こんな人ではないか」と「仮定」するのが「第一印象」だと考えられています。

これは私の考えですが、第一印象自体は善でも悪でもなく、第一印象をその人だと「決めつけ」てしまう事がよろしくないんだと思います。

ただ…一般的に見ると外見で判断される方が圧倒的に多い世の中ですし、社会の中で生きていくには周囲と歩調を合わせないといけない時もありますからね…。
よいこ | 2010/06/13 2:48 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokoro-blog.jugem.jp/trackback/73
この記事に対するトラックバック