ココロブログ

自分自身の思考や感情とうまくつき合って行くヒントをコラムでご紹介します。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 私はこう思う・その2 | main | ダウジング・その2 >>

ダウジング・その1

ダウジングと言うのを知っていますか?それは、元々水脈や鉱脈を探す技として伝えられてきました。
その起源は古く、4000年以上前から世界のあちこちで使われていたと言われています。
日本でも、空海が旅の途中あちこちの土地をダウジングを使い水脈を探し当てたとされています。これらは「空海井戸」として現在まで残っている所もあります。
現代でも、ベトナム戦争で大量に埋められた地雷を探したり、遺跡発掘などで成果をあげており、今でも世界中で行われています。

ダウジングは、振り子やロッドなどの道具を使います。例えば、水脈を探す時、ロッドを持ってゆっくりと動き、水脈のあるあたりに差し掛かると、それまでじっとしていたロッドが、急に動き出します。
それはまるで意思があるかのように動きますが、その道具そのものに不思議な力がある訳ではありません。
それを動かしているのは操作する人自身なのです。
手を動かしているという意識はなくても、潜在意識が手の筋肉を動かし、その結果ペンジュラムやロッドが動くのです。
これは、科学的にも「不覚筋動」として証明されています。
また、脳と手は密接なつながりがあると言われ、脳の判断を精密に具現化できる部位とも言われています。

私達にあまり縁がない水脈や鉱脈探しですが、実はダウジングはいろんな事が出来ます。
例えば、磁場の良い所・良くない所を調べたり、無くしたモノを探したり、自分にとって良いもの・悪いものを判断したり、自分の潜在意識の思いを表面化する事も出来ます。
熟練したダウザー(専門にダウジングをする人)は、地図を元に、行方不明者が何処に居るのかを探す「マップ・ダウジング」も出来ます。
工夫次第で、いろんな事を知ったり判断する事が出来ますが、このダウジングで得られる結果は、先ほども述べたように「自分の潜在意識」から出ている結果なのです。
逆に言うと、毎日、ダウジングを続ければ、自分の感覚は日々研ぎ澄まされていきます。潜在能力が活性され、勘が鋭くなったり、霊感が強くなる事もあるでしょう。
そして、潜在意識にある本当の自分の思いを知る事が出来るようになるでしょう。

ダウジングは専門家でないと出来ないものではなく、誰にでも出来るものです。
しかし、ダウジングの結果の精度は、自分の心のあり方で変わっていきます。ネガティヴな感情や態度で行うと上手く結果が出てきません
ダウジングを行うときのちょっとした心構えを踏まえ、落ち着いて行えば誰にでも出来るものなのです。
そこで、次回は、ダウジングを実践するにあたっての心構えとやり方をご紹介します。
潜在能力開発 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokoro-blog.jugem.jp/trackback/91
この記事に対するトラックバック