ココロブログ

自分自身の思考や感情とうまくつき合って行くヒントをコラムでご紹介します。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

飛行機

飛行機に搭乗し、離陸する時に窓の外を見ていると、視界が広がりみるみる小さくなる街を見る事が出来ますね。
最初のうちは目立つ建物やランドマークを見つけて「あ、あの辺が地元かな」などと観察できますが、すぐに認識できない位の小ささになり、やがて飛行機は雲の上まで到達します。
私は飛行機に乗る機会があると、離陸の時に必ず窓の外を見ていますが、その時にいつも思う事があります。
街も人間も小さいなぁ。
自分の世界の全てがあんな小さい所にあって、その中で悩んだり苦しんだりしているのって、もしかしたらくだらない事なのかも知れない。
うじうじと何かに悩んでブルーな気分になっていても、こんな風に思うと嘘みたいに気分が楽になります。
続きを読む >>
自分の性格と考え方 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

負けず嫌い

私の知人は、自ら公言するとても負けず嫌いの人。
どんな些細な事でも競争になると子供のようにムキになり、負けると歯をギリギリさせて悔しがるようなタイプです。
以前四文字熟語の話題についていけず顔を真っ赤にして悔しがっていた彼は、すぐ四文字熟語辞典を買い求め、空き時間に暗記していました。
そして覚えた言葉を自慢げに使っていました。(^_^;)
子供のようにストレートで解りやすい感情と、些細な事でもひたむきに頑張る姿勢は年上の男性ながら微笑ましく感じました。
私自身は一人っ子のせいか、自分がこだわるごく少数の物事以外は勝ち負けすら意識しませんので、常々負けず嫌いの人って疲れるだろうなぁと思っていました。
続きを読む >>
自分の性格と考え方 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

セルフの考察

第186回「A子さんとB子さんの会話」の中でセルフイメージのご紹介をしました。
セルフイメージとは、「自分で決め付けている自分」の事です。
これを「なりたい自分」に変える事で、少しずつ望む姿に変わると言うお話でした。

しかし、「自分で決め付けている自分」も「なりたい自分」も良く解らない、と言われる方がいらっしゃいました。
また、自分がどうしたいのか、どうすれば自分に良いか解らないと言う方や自分の事が解らないと言う方もいらっしゃいました。
これらは、セルフイメージの「セルフ」が解らないと言う事でしょう。
今回はセルフイメージの元となる「セルフ」についての考察です。
続きを読む >>
自分の性格と考え方 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

A子さんとB子さんの会話

A子「私ってさ、何のとりえもないし、ブスだし、勉強は出来ないし、最低だわ。(-_-)」

B子「そんな事ないよ〜(^_^;)」

A子「もてないし、恋人出来ても長続きしないから結婚なんて無理なんだわ。(ーー;)」

B子「そんな事ないって。」

A子「だからと言って仕事もきちんと出来ないから、バリバリのキャリアウーマンになんて絶対なれっこないし。」

B子「まぁまぁ、その位で・・・(^_^;)」

A子「結婚が無理なら自分で生活するしかないのに、こんな稼ぎでは欲しいものも買えないわ。イタリア旅行なんて夢で終わってしまうのね。」

B子「・・・・・。」

A子「それに、人見知りだし、友達少ないし、人嫌いだし。やっぱりどうしようもないわ。お先真っ暗よ。(T_T)」

B子「・・・・(-_-;)」
続きを読む >>
自分の性格と考え方 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

鎧(よろい)

私達の心はデリケートで弱いため、それを守るために様々な心理的な防御システムがあります。
そのひとつが「プライド」です。
英単語のプライド(pride)は、誇り・自尊心・自負心・うぬぼれ・思い上がり・優越感・高慢・横柄・得意(な気持ち)などの意味があります。
心理的な防御システムの中でも、プライドは鎧(よろい)のような役割を持っていると考えると解りやすいでしょう。
その鎧は2種類あります。
続きを読む >>
自分の性格と考え方 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

6つの価値観

ファッションやエステなどで自分を磨く事が楽しい女性もいれば、そんな事にお金をかけるより貯蓄したい女性もいます。
出世や昇進に向かってひたすら努力する男性もいれば、仕事よりも家族の絆を大切にする男性もいます。人それぞれに価値観は違いますね。
そして、自分の価値観によってライフスタイルも変わってきます。

ドイツの哲学者であり教育学者でもあるエドゥアルト・シュプランガー(Eduard Spranger 1882〜1963)が人間の精神作用を6つに分け、どれが支配的に働くかによって個人の価値観や個性が形成されていくと説きました。
つまり、「人生で何に価値を置いて生きるか」を6つのタイプに分類した説です。
続きを読む >>
自分の性格と考え方 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

白と黒

高校時代の友人で、とても几帳面な人がいました。
無遅刻無欠席、もちろん忘れ物なし、宿題や課題の提出期限を厳守、制服もいつもパリっとしていました。
毎日遅刻をし、昼休みに購買やコンビニに突っ走っていた私とは対照的です。^_^;
その友人はとても義理堅く、真面目で常識的で品行方正な所があり、冗談も良く言っていましたが一度も羽目をはずした姿を見ませんでした。
続きを読む >>
自分の性格と考え方 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

面白い事

高校時代、クラスメートのひとりが私の顔を見るといつもつぶやく事がありました。
あ〜あ、何か面白い事ないかな〜。ねぇ、面白い事何か知ってる?
彼女はルックスも良く、成績優秀スポーツ万能、友達も多く彼氏もいて、バンド活動もやっていて、お金持ちだったのでブランド品をたくさん持っていました。
私が「え〜。面白い事?いっぱいあるよー♪(心の中ではドラマや大好きなアイドルや漫画や放課後の寄り道やら次々と浮かぶ)」と言うと
「いいなぁ。よいこさんは毎日楽しそうで・・・。」とため息交じりで返すので、どう答えて良いか解らず絶句していました。
留年ギリギリの成績だったデブの私から見れば羨ましい限りの彼女が、何故そんなに冷めた事を言うのだろうと不思議に映っていたものです。
続きを読む >>
自分の性格と考え方 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

シンデレラストーリー・女性編

以前勤めていた会社にネクラさんが入社して来ました。
入社時の彼女は、化粧っけがなく分厚いメガネをかけ、髪の毛はボサボサに伸び、持っている洋服を適当に着て来たような外見で、猫背で動作も遅いため、見た目イジメられっ子のような印象でした。
暗い顔で表情も乏しく声も小さいため、あまり友達になりたくないような雰囲気を持っていました。
続きを読む >>
自分の性格と考え方 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

歯車

先日、「自分の意思を表面に出せず苦しい」と悩む方とお会いした時の会話です。(Aが私です)

A「例えば、友達から誘われても行きたくない時は、思い切って断るような勇気も必要だと思うよ。」

B「・・・『行きたくないから行かない』って言えばいいんですね。」

A「いや・・・あの、そのままストレートに言うと角が立つよね。(^_^;)」

「じゃあ、どういう風に言えばいいんですか?」

A「うーん・・・。例えば、体調が悪いから今度誘ってねとか、今日は用事があるとか・・・ね。嘘も方便。」

B「体調が悪いと言えば良いんですね。」

A「あ、あの、時と場合によるよね。ケースバイケースね。(^^ゞ」

B「じゃあ何と言えばいいんですか?」

A「う・・・。(~_~;)」(暫し絶句)
続きを読む >>
自分の性格と考え方 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |